「あおり運転」厳罰化後初の逮捕、小室哲哉が好きすぎる男 “3キロ5分” 恐怖の妨害 (週刊女性PRIME 2020.9.3)

この記事、「小室哲哉」は何の関係もないのでは…。当人からしてみればもらい事故も甚だしい。「小室哲哉が好きすぎる」から「あおり運転」をした訳ではなく、「あおり運転」をする人間がみんな「小室哲哉が好きすぎる」訳ではない。アーティストとしての「小室哲哉」が「あおり運転」を促す作品を発表している訳ではなく、仮に事実であっても、あくまでただの容疑者の嗜好の問題である。こんなことでマイナスのイメージにしかならないにもかかわらず、名前を挙げられては割りに合わない。一番あおりを受けているのは他ならぬ「小室哲哉」である。2次被害と言っても過言ではない。

いずれにしてもこの容疑者にとって、厳罰化後初の逮捕という不名誉な現実が、自身の行為を省みる後悔の道への「DEPARTURES」となることを切に願っている。

【参考】

https://news.yahoo.co.jp/articles/08c3d5dacc44acf2f101e1a645f2e9f24b6e333b

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です